用途に合わせた料理デリバリーをご紹介

用途に合わせた料理デリバリーをご紹介するサイト

用ありの様子

デリバリーでパーティーを開いたら、裏方の仕事が少なくなって、ラック楽。 やっぱりみんな平等でなくっちゃ。 すっぱり割り勘感覚で、気を遣わないから、スマイルも自然に。 これなら、いつでもOK。 片付けも、ちょっとゴミが増えるだけ。 今度はセットじゃなくて、アレンジしてみよう。

ランチの思惑

美味しいと有名なお店のランチは、ちょっとお得かも。 お試し感覚もあって、夜のメイン料理の延長かな。 同じ仕入れなら、味も確かで、安心。 しかも、お値段はランチ価格で、超お得。 みんなよく知っていて、昼休みには行列だったり。 夜は宴会で使って、たまにはデリバリーも、やっぱり美味しくて、安心。

高さで勝負は

重箱は、最上段に蓋つきで、二重から五重まであり、与の重と、四段目を呼ぶ。 おせち料理は、有名料理店に事前予約注文して宅配でのお取り寄せや、百貨店やスーパー他の商店で予約したものを引き取りに行ったり宅配されたり、冷凍したまま宅配されたおせち料理を容器ごと自然解凍するだけでいいものまであります。

おすすめリンク

宅配食と出前はどう違う?

宅配食も出前も、気軽に食事を楽しめる手段ですが、どのような違いがあるのか調べました。

みんな同じ感覚で

法事は、仕出し屋で人数分手配して、重厚な器に盛り付けられた、伝統の美しい日本料理。
法事を宴会場で引き受けるホテルや式場が、都会だけでなく田舎にも進出して、葬式も自宅で行わないところも増えています。
高齢化社会で、イスとテーブルは有難いし、車椅子も同じ高さのテーブルについて、同席できる魅力もあります。
お母さんが不在時の出前が楽しみだった家族も、過去の記憶。
みんな一緒に、蓋を開けたら、一緒に食べられるなんて、幸せな時代です。
九州出身の旧家の人が男尊女卑で、ご飯を食べる時も女性は一段低い場所で、食事内容も違い、洗濯も別に、という話も昭和時代にはありました。
手で触らず、箸で、お父さんの洗濯物をつまんで別に洗う、と噂になり、現代はパパと娘はデートするくらい、仲良し親子。
パパはお腹の出っ張りも年々目立たなく、細マッチョを目指してジム通いが主流で、時折、昔ながらのお父さんを見かけると、ここはどこ?の世界で、タイムスリップ感。
スタイルが良くなった分、カジュアルはもっぱら服飾量販店のモデルにも勝るコーディネート力。
休日ヘアスタイルは、追いついてダンスパフォーマーもどきに変身。
食事もカジュアル、家族団らんも外食スタイル。
デリバリー好きだよって、有難い。
ピザも大好きって、子供の気遣い。
あとは、栄養のバランスを考えて、野菜と果物をチョイスするのが、上手。
ネットで見た、西洋の鎧のような指ガードのステンレス製アイデア商品を使わなくっても、まな板で包丁くらいは使えるんだけど。
なるだけ、指先を丸めて第二関節が包丁の刃の側面に上下してあたるように、野菜から千切りして、洗う回数を減らして、家事を仕上げたい。
すべて、ラップ現象。