用途に合わせた料理デリバリーをご紹介するサイト

>

用ありの様子

お好きなチョイス

伝統のお寿司や、幕の内弁当、フライドチキンにポテト、サンドウィッチ、前菜、サラダ、ローストビーフや唐揚げ、その他、フレンチ、イタリアン、中華、様々な、個食からオードブル料理まで、使い捨ての容器でのデリバリーが盛んです。
流通会社の発達が目覚ましく、宅配の恩恵にあずかっています。
キャッシュレス化で、ますます佳境に入るかもしれません。
汁物の蕎麦うどん出前の出汁がこぼれない、ばね付きのバイク後部荷台の発明で、テレビ局御用達の出前実態を知り、発明特集で面白かったですが、宅配も大変です。
高齢化社会で、デリバリーと一括りの食事の宅配も、冷凍保存出来る物も含まれ、需要が増える一方です。
工場でセントラルキッチンとして製造される、衛生的で栄養管理された食事は、安心出来ます。

おべんとう

幼児の口の周りにつけた飯粒を、お弁当つけてどこ行くの、と飯粒を食べてあげる仕草は、愛情いっぱいです。
弁当、は中国南宋時代の俗語として、便當が語源。
好都合、便利などの意味があり、日本でも桃山時代以前からも存在し、容器はその頃から使われ、鎌倉時代には弁当という言葉も存在したらしい。
手弁当、幕の内弁当、俗には執行猶予のことを、弁当持ち、ともいうらしい。
さらに下世話な表現で、地方の都会に転勤する際、単身赴任ならいざ知らず妻子を連れて行くと言うと、料理屋にお弁当を持って行くようなものだ、と言われて、きょとんとして、意味が分からない若い人がいて、可笑しい。
人それぞれの、おべんとうに対する思いが、詰まっていそうです。